先日2/6(水)〜2/8(金)の3日間、東京ビックサイトで行われました第23回機械要素技術展に出展致しました。

本展への出展は毎年積極的に行っており今回で10度目の出展となります。
会期はオリンピックの関係から2月の開催となり、3日間合計の来場者数は66,049名。
弊社ブースは多くの方に来展して頂き、活気に満ちた展示会となりました。


弊社では出展に伴い新たに自社の鍛造品とバリ屑(製造工程時に出た廃材)を組み合わせて製作したオブジェ8作目となる「火焔型土器聖火台」を展示致しました。

縄文時代(約5,000年前)には様々な土器が造られていました。
メラメラと焔が立ち上る独自の姿が表現され、激しくもどこか優しい土器。
その姿から火焔型土器と命名され新潟県内初の国宝指定となり、縄文土器としても初の国宝指定となりました。

他の地域で類型も存在しますが、デザインと大きさを備えた物は他にありません。
主に新潟県の信濃川流域に出土しています。

新潟県では火焔型土器が2020年東京オリンピック・パラリンピックの聖火台に採用されることを目指し、アピール活動を展開しています!

このオブジェを見ていただく事で、弊社の想像力、発想力、アイデアを感じ取っていただけたものと思います。


弊社ブースへ足を運んでいただいた皆々様、誠にありがとうございました。
直線上に配置
出展風景
株式会社 丸富五十嵐製作所
直線上に配置
鍛造化で拡がる可能性 設計・開発協力致します
ISO9001:2015
C2016-01767-R1
リンク
ブログ
トップページ
会社概要
製造工程
製造設備
製品案内
お問合せ
トップページ
会社概要
製造工程
製造設備
製品案内
リンク
ブログ
お問合せ
ブログ
SITEMAP
第23回 機械要素技術展(M-Tech)出展レポート
H31. 2.18