直線上に配置
株式会社 丸富五十嵐製作所
直線上に配置
鍛造化で拡がる可能性 設計・開発協力致します
ISO9001:2015
C2016-01767-R1
リンク
ブログ
トップページ
会社概要
製造工程
製造設備
製品案内
お問合せ
トップページ
会社概要
製造工程
製造設備
製品案内
リンク
ブログ
お問合せ
ブログ
SITEMAP
鍛接技術のご紹介
上記写真は弊社創業の手打ちがまの技術と現在の型打鍛造技術を複合させた実験的試作でありSS400(軟鉄)とS50C(鋼)を接合させた一体化成形のサンプルです。必要な材質を適材適所で使用することが可能で、部分的に焼入れを行う浸炭焼入れや表面のみを硬化させる高周波焼入れなどは通常の熱処理に比べ手間がかかり専用の設備も必要となりますが、材質を変えることで通常の熱処理で必要な部分のみに硬度を与えることができます。
ご興味お持ちいただけましたらお気軽にご連絡下さい。


※鍛接とは?
  金属を接合させる技術。2つの金属の表面を密着させ熱と圧力を加え接合する圧接技術。
  日本では古くから刀や包丁など刃物に用いられた技術である。

H23.9.26
S50C材
SS400材